トピックス

職員研修のご紹介【救命救急研修】

新宿けやき園では、職員の資質向上を目的として、毎月3~4回の研修を行っています。
職員の知識・技術が向上することで、利用者様によりよいケアが提供できるよう、皆で研鑽に努めています!

研修テーマとしては、脱水予防研修、摂食・嚥下研修、事故予防研修、感染症予防研修、手洗い研修、看取りに関する研修等、内容によって、その領域に詳しい職員が講師を担当したり、必要に応じて外部講師をお招きするなどして多岐に亘る研修を実施しています。

研修内容は、職員のアンケートに基づき、職員が身につけたいと感じている知識・スキルに関係ある内容となるように試行錯誤しています。

今回は、数ある研修の内の1つである「救命救急研修」の様子をご紹介します。

毎年、新宿消防署より講師の方にお越し頂いて実施しており、今年は6月12日に開催しました。
4時間のプログラムで、今年は14名が参加しました。


皆 真剣です!

心臓マッサージや人工呼吸、AEDの使い方も習います。知識としては頭の中に入っていても、いざという時は焦ってしまうもの。こういう機会に実践することで、身体に覚えこませておくことが必要です。

講習では、3グループに分かれ、意識の確認、呼吸の確認等を行って、2人ペアで協力して心臓マッサージとAEDを行いました。
皆、講師の先生空からお褒めの言葉を頂いていましたよ♪

【豆知識】
AED(自動体外式除細動器)とは、心臓がけいれんし血液を流すポンプ機能を失った状態(心室細動)になった心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。

終了後には、このように立派な認定証を発行して頂けます。

今後も、新宿けやき園では、研修を通して、職員の資質向上に務めて参ります。

最後になりますが、ご協力いただきました、新宿消防署の方々に、この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。